<WGC-キャデラック選手権 3日目◇7日◇トランプナショナルドラール(7,528ヤード・パー72)>

 フロリダ州にあるトランプナショナルドラールで開催中の「WGC-キャデラック選手権」。トップからスタートしたJ・B・ホームズ(米国)が1イーグル・4バーディ・4ボギーの“70”でラウンド。トップをキープした。

 初日“62”を叩きだしたホームズは1番でボギー。4番パー3でエースを達成するも7番でボギーを叩く。さらに12番もボギーと苦しいゴルフとなるが、14番から17番まで4連続バーディ。最終ホールはボギーとしたが、一気に2位以下を突き放した。

 そのホームズを5打差で追いかける2位タイには、バッバ・ワトソン(米国)とダスティン・ジョンソン(米国)。その2人に1打差の単独4位にライアン・ムーア(米国)がつけている。

 日本勢は40位タイの松山英樹が最上位。小田孔明は63位タイ、藤田寛之は最下位の73位と苦しんでいる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>