<ダイキンオーキッドレディス 2日目◇7日◇琉球ゴルフ倶楽部(6,529ヤード ・パー72)>

 国内女子ツアー開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」の2日目。首位と1打差の2位タイから出たこの大会の2013年覇者、森田理香子はこの日4バーディ・3ボギーの“71”でラウンド。スコアは1つ伸ばしたが首位の穴井詩と4打差のトータル4アンダー4位タイに後退した。

開幕戦2日目の模様をLIVE PHOTOでプレーバック!
 初日は1番でいきなりボギーが先行。しかし、その後は4つのバーディを奪い上位につけた一昨年の賞金女王。この日は「チャンスになかなかつけられなくて」、3番、7番と2つのボギーが先行した。しかし9番で約2メートルのバーディパットを沈めると「すごくいいバーディが獲れた。昨日も後半伸ばせたので、今日も伸ばせると思った」と17番ではティショットを右に曲げボギーを叩いたものの、スコアを1つ伸ばしてホールアウトした。

 このオフは例年とは異なり、米国で40日間にも及ぶ単独合宿を慣行。これまでと違うオフと開幕戦の緊張で昨日は「不安もある」と話していたが、この日は不安感が「昨日よりだいぶましになってきたと思う」と心もだいぶ平静になってきた。

 首位とは4打差。「じっくりやりたいと思っているので…。でも欲は出てしまうと思うし、やるからには一生懸命やりたいし、上を見てあきらめずにやります」と逆転優勝も視野に入れている。この2日間のような出だしのつまづきがなければ、チャンスはまだある。もう一度賞金賞金女王になるのが森田の今季の目標。2013年に女王に輝いた時はこの開幕戦を制した。その再現へ、明日は前半からチャージをかけられるか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>