<WGC-キャデラック選手権 事前情報◇4日◇トランプナショナルドラール>

 世界ゴルフ選手権シリーズ第2戦「WGC-キャデラック選手権」が、5日(木)から8日(日)までの4日間、フロリダ州にあるトランプナショナルドラールで開催。多くのコースで池が絡み、“ブルーモンスター”と呼ばれる難コースに昨年の賞金王が挑む。

【関連ニュース】松山英樹、マキロイ、アダムらそろい踏みにも「気持ちは変わらない」
 この日、練習ラウンドを回った小田孔明は「メジャーみたいな感じ。雰囲気もあるし、ここで上位にいけたらメジャーでも優勝できますよ。“ブルーモンスター”というだけあって、池が効いててケタ違いに難しい。日本にはないタフな感じです」と難しさを吐露。「(グリーンは)昨日までは止まっていてくれたんですけど、今日はスピード、硬さがケタ違い。にっちもさっちもいかなかった」と悪戦苦闘している。

 これには、多くの場面で攻めの姿勢を貫く小田も「これだけ難しかったら、耐えるだけ。1アンダー目標にいければ十分上位に行けると思う。目標はそこですね。毎日パープレー前後で回って、アンダーで回れたら最高」と慎重になる。

 「ロングホールでいかにバーディ取るかですね。ショートがデタラメに難しいので。いかにグリーンに乗せるかなんですけど、毎回毎回良いショットをしないと。ちょっとでも見するとすぐダボ、トリになっちゃうそういうコースなので。バンカーからでもいいから、グリーンのどこでもいいからかじりついてくれるかの勝負になると思う。本当に諦めたらどこまで打っちゃう。諦めずに必死にいきたい」と泥臭くパーを拾いにいく構えを見せた。

 それでも、この状況をプラスに考えるのが小田らしい。「ここでなんとかまわれれば、日本に帰って普通に楽勝で回れる。こういうタフなコースで上位にいけたら自信になる。本当に難しいですけど耐えるだけです。いつもこういう試合を経験して、帰ってから調子がいいので、いい勉強だと思って戦いたいと思う」。目標に掲げている世界ランク50位以内、そして2年連続の賞金王へ。挑戦者の気持ちで難コースに挑み、1つでも多くのものを掴んでみせる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>