<ダイキンオーキッドレディス 事前情報◇4日◇琉球ゴルフ倶楽部(6,529ヤード ・パー72)>

3月6日(金)に開幕する国内女子ツアー開幕戦『ダイキンオーキッドレディス』。昨季、賞金ランキング19位に入り初シードを獲得し、躍進を遂げた香妻琴乃が初優勝を向けて今シーズンへの意気込みを語った。

【関連ニュース】森田理香子、香妻琴乃が語る新兵器の感覚
 昨季の最終戦『リコーカップ』後に「結局優勝できなくて、目標は何も達成していないです。でも去年よりはプレーの仕方とか力も付いてきてるかなと。優勝争いも何試合か経験できたので、オフの練習とかトレーニングに活かして来シーズンに向けて頑張りたい」と語っていた香妻。

 オフは体力作りのトレーニング合宿からスタートし、1月末から2月末までのラウンド合宿と、開幕に向けてみっちりと鍛えてきた。「昨年は立てなくなったり、歩けなくなったりと、怪我が多かったので今年は怪我をしない身体を1年間かけて作っていかないといけない」と感じ、東京で3週間トレーニングに時間を費やした。ハワイでの1ヶ月間合宿はトータル26ラウンド。初めはアプローチの課題に取り組み、その後はショットの課題が中心になったという。

 開幕を目前に控えた現状は「60%くらい」。同大会は2012年以来2度目(予選落ち)で苦手な気持ちがあるという。

 だが初戦から彼女に掛かる期待は大きい。JAL、ECC、メルセデスベンツ(サポート選手からの昇格)と、立て続けに3社がスポンサー契約。自身への期待については「プレッシャーというよりは、自分のモチベーションが上がって良い方向に繋がっていると思います」と気持ちを高めている。

 「まずは初優勝を挙げたいという目標しかないです」。初戦から強気の姿勢でチャンスを虎視眈々と狙っていることだろう。

<ゴルフ情報ALBA.Net>