いよいよ3月6日(金)に開幕する国内女子ツアー開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」。練習日の今日はプロが入念なクラブテストを行っていたが、その中にPGAツアーで話題の練習器具が国内ツアー現場に登場していた。

【関連ニュース】石川遼の一風変わった練習方法…米サイトが注目
 石川遼が使用しており、PGAツアー選手もメーカーに問い合わせるほどアメリカで注目を集めている『DST コンプレッサー』。科学的に計算され“正しいインパクト”の形を再現した“湾曲シャフト”だ。この湾曲シャフトを指したクラブをハンドファーストに構え打つことで理想のインパクトを“体感”させてくれるというものだ。

 この日もプロからの注目を集めていた。実際に“ウェッジ用湾曲シャフト”をテストしていた濱美咲に感触を聞くと「確かにハンドファーストで打てる感覚を持てますね。体でボールを押していくイメージも湧きます。私はハンドレイト気味に球をすくってしまうタイプ。湾曲シャフトだとあおり打ちでは絶対に打てません。私みたいなタイプには“効く”と思います」と早速テストシャフトを発注していた。

 ツアー本格投入は第3戦「Tポイントレディス」という同シャフト。その頃には使用希望者が増えているかもしれない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>