株式会社かんぽ生命保険が上田桃子と3年間の所属契約を締結したことを発表。3月2日(月)、都内にて記者会見を行った。

桃子が社長にプレゼントしたパターがこれ!
 かんぽ生命の取締役兼代表執行役社長、石井雅実氏は「最年少賞金女王を獲られた後、アメリカに渡り、結果は満足されていない部分も多分にあると思うが、常に自分らしく戦う姿に共感した」と契約を結んだ理由を明かした。

 続けて「3年契約を結びましたが、弊社も様々な変化や改革をする大切な3年間になる。その中で上田プロには所属プロとして会社を引っ張っていって欲しい」とコメントした。

 上田は「所属プロとして色々背負うことの重みを感じています。ただ、今年は例年以上に自分に対するワクワクする気持ちが強い。そういった中で、かんぽ生命さんと共に戦えるのはとても心強いです」と笑顔を見せた。

 記者会見は上田から石井氏にサイン入りのパターをプレゼント。そのパターで自身の夢を書いたフラッグに掲げたカップに向けてパッティングをする「夢のパターチャレンジ!」という企画が行われるなど終始和気藹々とした雰囲気のまま幕を閉じた。ツアー開幕を前に英気を養った上田、新たなサポートを背に開幕戦勝利を狙う。

<ゴルフ情報ALBA.Net>