<ホンダLPGAタイランド 最終日◇1日◇サイアムCC パタヤ・オールドC(6,548ヤード・パー72)>

 3日目を終えてイーブンパーとスコアを伸ばせずにいた野村敏京だったが、最終日に8バーディ・ノーボギーの“64”と大爆発、トータル8アンダーまで伸ばし13位タイに急浮上、日本勢トップでにつけた。

 この日、INからスタートした野村は出だしの10番、11番で連続バーディを決めた。その後も13番、16番、さらに18番からは3連続バーディを奪取。そして4番で8つ目のバーディ。その後はスコアを伸ばすことはできなかったがノーボギーでフィニッシュ、8アンダーでホールアウトした。

 この日、面白いようにパットが決まった野村、パット数は23を記録。「パットの道が全部見えて、すごく楽なゴルフだった」とことごとくチャンスを決めて一気にスコアを伸ばした。また、5ホールでパーオンできなかったがきっちりパーをセーブ、危なげないゴルフを見せた。「練習もたくさんして、それが発揮できた」というように納得のラウンドとなった。良い形で大会を終えた野村、今シーズンの活躍が楽しみだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>