株式会社東芝はこれから活躍が期待される若手女子ゴルファー、豊永志帆、堀琴音と3年間のスポンサー契約を締結。26日(木)には都内のホテルにて記者発表会が行われた。

人気女子プロの特選フォト満載!「写真館」
 東芝の代表執行役社長、田中久雄氏は「ひたむきな人間性や実力、将来性を期待して」2人と所属契約をしたと説明。同社が事業の柱の1つとしているヘルスケア事業の側面から、「リストバンド型の活動量計『アクティバンド』を用い、競技面だけでなく両選手を健康面でも支えていくとのこと。

 この活動量計は歩数や睡眠時間、消費カロリーなどを自動的に記録してくれるもの。豊永は「夏場は体重が落ちてしまう」、堀は「睡眠時間が大事だと思っている」そうで、この活動量計の記録を体調管理に役立てていきたいと話していた。なお、堀の平均睡眠時間は「8時間ぐらい」。

 堀は今年がプロとして始めて臨むシーズンとなるが、来週の開幕を前に「ワクワクしています」と気合は十分。オフはタイで1ヶ月間、姉の奈津佳らと合宿を張りショートゲーム中心に腕を磨いてきたという。「日本を代表するグローバル企業と所属契約できて大変光栄です。10代のうちにツアー優勝を目指しているので頑張ります」と笑顔で抱負を語った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>