<ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン 最終日◇22日◇ザ・ロイヤル・メルボルンGC(6,479ヤード・パー73)>

 今季、米国女子ツアー3戦目となる「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」は、世界ランク1位リディア・コ(ニュージーランド)の優勝で幕を閉じた。そんな中、宮里美香がこの日2つ伸ばし、2戦連続となるトップ20入りを果たした。

リーダーボードで今週の結果をチェック!
 2オーバーの21位タイからスタートした宮里は、出だしの1番でアプローチに手間取りボギー発進。次の2番ですぐに取り返したが4番再びボギー、一進一退の序盤となった。それでも6番、7番で連続バーディ、さらに9番でもバーディを奪い前半で2つ伸ばすことに成功し折り返した。

 後半では12番でボギーが先行させたが14番(パー5)では2オン、1パットでイーグルを奪取、1アンダーまでスコアを伸ばした。ところが16番でボギーを叩きしまい再びイーブンパーへ。17番プレー中に雷雨が接近したため1時間半の中断となったが、再開後の17番、18番はパーでまとめ、トータルイーブンパーでフィニッシュ、日本勢最高の12位タイで4日間を終えた。

 久しぶりのトップ10入りとはならなかったが、2戦連続でトップ20と徐々に調子は上向き。来週から行われるアジアでの大会に期待だ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>