今季の国内女子ツアーに新設される「大東建託・いい部屋ネットレディス」を主催する大東建託株式会社は、渡邉彩香、江澤亜弥の2人とスポンサー契約を締結したことを発表した。

渡邉彩香が劇的イーグルで逆転V!“こだわりの”3鉄で勝利を引き寄せる
 渡邉は昨シーズン、「アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI」で念願のツアー初優勝を果たし、賞金ランキング11位に入るなど大ブレーク、今年も活躍が期待される。一方の江澤は2013年にプロテストに合格。昨年行われたQTでは21位で通過し今季のレギュラツアーの出場権を獲得した。今年活躍が期待される若手有望株の一人だ。ちなみに江澤は所属契約を締結、所属プロとしてツアーを戦う。

 そんな2人だが、埼玉栄高等学校のゴルフ部の先輩(渡邉)・後輩(江澤)という関係。2人が在部中の2011年には全国高等学校ゴルフ選手権・夏季大会で団体優勝を果たしている。また、優勝時のメンバーには辻梨恵と保坂真由もいた。
 
 渡邉は同社を通じ「この度、大東建託さんよりスポンサードしていただく事になり、とても嬉しく思っています。7月にはホステスプロとして「いい部屋ネットレディス」の開催を迎えることになるので、初代優勝者として名前を刻めるよう、一層気を引き締めて挑んでいきます。今年は「年間複数回優勝」を目標に、大東建託さんと共に頂点を目指して頑張ります」とコメント、飛躍を誓った。

 また、江澤も「今年からツアーにフル参戦できることになりました。それを機に、所属プロとして大東建託さんのサポートをいただくという幸運にも恵まれました。願ってもないこのチャンスを活かして、少しでも前に進めるよう努力するつもりです。まず一勝!(心の声です)ご声援いただければ幸いです」と意気込みを語った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>