<ファーマーズ・インシュランス・オープン 2日目◇6日◇トリーパインズGC サウスコース(7,569ヤード・パー72)>

 先週優勝争いを演じ、惜しくもツアー2勝目を逃した松山英樹。しかし、今週の「ファーマーズ・インシュランス・オープン」では初日、2日目と振るわなかず予選落ちとなってしまった。

2日目の結果はリーダーボードでチェック!
 この日、サウスコースでプレーした松山は1イーグル・2バーディ・3ボギーの“71”でラウンド、1つ伸ばしトータルイーブンパーとしたが75位タイで2日目を終えた。

 第1ラウンドの出遅れ巻き返すべくスタートした松山。ところが序盤の1番と3番で立て続けにボギーを叩き苦しい立ち上がりとなった。そんな中、迎えた5番(パー4)で残り約170ヤード地点からのセカンドショットを直接カップインさせイーグル、スコアを戻す。すると9番(パー5)では3打目をピン側30センチにつけバーディ、1つ伸ばして折り返した。

 序盤苦しみながらも前半で1つ伸ばした松山、後半のチャージに期待したが、11番でボギーを先行させ苦しい展開。15番でピン側2メートルにつけ取り返しすもその後伸ばせずそのままホールアウト、カットラインに1打及ばず2015年初の予選落ちとなってしまった。

 この日は「ドライバーに関してはほぼ完璧な内容だった」と自身もいうように85パーセント以上の確率でフェアウェイをキープ。しかし、「グリーン上とセカンドショットがちょっといまいちだった」とチャンスを作れず、思うようにスコアを伸ばすことができなかった。「最後の3パットもそうだけど流れが来そうなところでうまく打てなかったり、チャンスで入らなかったり、それがこういう結果につながった」。

 今年初の予選落ちとなった松山だが、「きょうの後半になってショットが良くなった。またこれを続けて行ければまた優勝争いができると思う」と力強くコメント。今年に入り5戦中3戦で優勝争い、その3戦はパットが好調時、ツアー2勝目はパット次第というところか。来週は休みを取り再来週の「ノーザントラストオープン」に出場予定。 来週の休みでは今週不調のパットを重点的に調整し、次戦に備える。

<ゴルフ情報ALBA.Net>