<ファーマーズ・インシュランス・オープン 初日◇5日◇トリーパインズGC サウスコース(7,569ヤード・パー72)>

 米国男子ツアー「ファーマーズ・インシュランス・オープン」がカルフォルニア州にあるトリーパインズGCで開幕。石川遼は、初日サウスコースをラウンド。3バーディ・3ボギーの“72”で回り、イーブンパーで第1ラウンドを終えた。日没によりサスペンデッドになったため暫定の順位となるが67位タイとした。

石川遼の初日の結果は!?リーダーボードをチェック!!
 前半はボギーが先行する苦しい展開だった石川。1番ではティショットを深いラフに入れ、リカバリーできずにボギースタート。その後9番でも同じようにラフに手こずり2つ目のボギーを叩いた。

 前半ピンチの連続で苦戦した石川だったが後半では、10番でこの日最初のバーディを奪うと15番ではラフからのセカンドをピン側1.5メートルにつけて2つ目のバーディ。続く16番でボギーを叩いたが、最終18番で8メートルをねじ込みバーディを奪取、イーブンパーまで戻しフィニッシュした。

 前日「パープレーならそんなに悪くない」と言い、その言葉通りに初日を終えた。難コースのサウスコースに苦戦を強いられたが、「ボギーを打ちそうなホールが何回もあって、しのいでしのいで、しっかり我慢してできた。最初は3オーバー、4オーバーしてもおかしくないのをショートゲームでカバーできたと思う」と振り返った。

 「ノースコースなので伸ばして行けばいいなと思うけど、グリーンが違うので硬さとスピード、そこに時間を掛からず合わせて行かれるのが大事かなと思う。今のままで満足ではないけど、とくに変えることはなく明日プレーしたい」。

 暫定67位タイの石川、予選カットラインが気になる位置にいる。第2ラウンドはスコアが伸ばしやすいノースコース、決勝ラウンド進出、さらに上位進出を目指すために明日は伸ばしておきたいところだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>