<FedExCupポイントランキング>

 米国男子ツアー「ウェイスト・マネジメント・フェニックスオープン」終了時点のFedExCupポイントランキングが発表された。

「フェニックスオープン」のリーダーボード
 この大会でツアー初優勝を挙げたブルックス・コプカ(米国)は前週の49位から6位に浮上。惜しくも1打差で2位タイとなった松山英樹は10位に順位を上げた。首位はジミー・ウォーカー(米国)がキープしている。2週連続の予選落ちを喫した石川遼は81位から93位に順位を落とした。


【FedExCupポイントランキング】
1位:ジミー・ウォーカー(957pt)
2位:ロバート・ストレブ(879pt)
3位:バッバ・ワトソン(833pt)
4位:チャーリー・ホフマン(757pt)
5位:ベ・サンムン(721pt)
6位:ブルックス・コプカ(693pt)
7位:ベン・マーティン(684pt)
8位:パトリック・リード(664pt)
9位:ライアン・ムーア(643pt)
10位:松山英樹(619pt)

93位:石川遼(135pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>