<ウェイスト・マネジメント・フェニックスオープン 初日◇29日◇TPCスコッツデール>

 米国男子ツアー「ウェイスト・マネジメント・フェニックスオープン」がアリゾナ州にあるTPCスコッツデールにて開幕。松山英樹は4バーディ・2ボギーの“69”でラウンド。現在28位タイにつけている。

 INからスタートした松山は、2番でバンカーから2.5メートルにつけ、この日最初のバーディを奪うと、7番、9番でもバーディを重ね、前半だけで3バーディを奪う好スタートを見せる。

 歯車が狂い出したのはハーフターン後の14番。セカンドショットをグリーン左のバンカーに入れると、そこからアプローチが寄らず、パーパットも決められずボギー。すると続く15番ではセカンドショットを池に入れ連続ボギー。スコアを2つ落としてしまう。

 それでもこのまま終わらないのが松山の強さ。パーを2つ並べて迎えた最終18番。残り133ヤードからベタピンにつけてバーディを奪取。最後に意地を見せ、明日以降に弾みをつけて初日を終えている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>