<FedExCupポイントランキング>

 米国男子ツアー「ヒューマナ・チャレンジ」終了時点のFedExCupポイントランキングが発表された。

遼、カットラインに2打及ばず…2015年初戦は予選落ち
 先週首位に立ったジミー・ウォーカー(米国)が今週もトップをキープ。同大会を優勝したビル・ハース(米国)が127位から9位までランクアップし、2位タイに入ったチャーリー・ホフマン(米国)も2位まで上がった。

 また、今大会唯一の日本勢となった石川遼は予選落ちを喫したこともあり、68位から13ランクダウンの81位。今大会に出場していない松山英樹は変わらず13位となっている。

【FedExCupポイントランキング】
1位:ジミー・ウォーカー(957pt)
2位:ロバート・ストレブ(814pt)
3位:チャーリー・ホフマン(742pt)
4位:ベ・サンムン(721pt)
5位:ベン・マーティン(655pt)
6位:パトリック・リード(635pt)
7位:バッバ・ワトソン(625pt)
8位:ライアン・ムーア(591pt)
9位:ビル・ハース(566pt)
10位:スコット・ピアシー(525pt)

13位:松山英樹(411pt)

81位:石川遼(135pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>