<ヒューマナ・チャレンジ 最終日◇25日◇PGAウエスト・パーマーコース 6,950ヤード パー72>

 カリフォルニア州にあるPGAウエストで開催された米国男子ツアー「ヒューマナ・チャレンジ」の最終日。3日目が終った時点で首位に4人が並ぶ大混戦となった今大会。その中で首位タイから出たビル・ハース(米国)がこの日5つスコアを伸ばしトータル22アンダーで逃げ切り今季初優勝を挙げた。ハースはツアー通算6勝目、この大会は2010年にも制しており、2度目の勝利となった。

ヒューマナ・チャレンジのリーダーボード
 ハースは3番パー3でボギーを先行させたが、4番ですかさず取り戻すと6番パー5ではラフからのセカンドショットを約5メートルにつけイーグルを奪取。8番でもバーディを奪いスコアを3つ伸ばして折り返す。後半に入っても安定したプレーで11番でバーディを奪取。そして終盤の16番で約6メートルを決めて、混戦から一歩抜け出すと上がり2ホールをパーにまとめ混戦に終止符を打った。優勝は2013年以来2年ぶりで「早く帰って妻に伝えたい」と家族と喜びを分かち合える時を心待ちにしていた。

 1打差の2位タイには07年の今大会覇者、チャーリー・ホフマン(米国)、ブレンダン・スティール(米国)、スティーブ・ウィートクロフト(米国)、マット・クーチャー(米国)の米国勢4人と日本ツアーにも参戦していた韓国のS・J・パクの5選手が並び、2打差の7位タイにはウェブ・シンプソン(米国)ら3選手が入った。

 連覇を狙ったパトリック・リード(米国)はスコアを1つしか伸ばせずトータル15アンダー24位タイ、この大会が今季初戦となったフィル・ミケルソン(米国)も同じく24位タイで競技を終えた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>