世界最大級のゴルフ見本市『PGAマーチャダイズショー』がフロリダ州のオーランドにて今年も開催。ショーの開幕に先駆けて20日(火)に行われたデモデーでは、オレンジ・カウンティ・ナショナルの円形練習場で行われる大規模な試打会が行われ、クラブメーカーだけでなく、シャフトメーカーや練習器具メーカーも出展。プロゴルファーが来場するため、例年大きな盛り上がりを見せる。そこで会場に訪れているアンディ和田氏のナビゲートで、気になった商品を紹介。

トッププロ、コーチ、クラブデザイナーが集結!! PGAショーがいよいよ開幕
 続いて訪れたのは練習器具の『DST Golf』のブース。アンディ和田氏がアメリカのツアー会場で何度か目にはしていたが、その時は『まだ紹介できない』と言われた練習用シャフトがあるという。

「練習器具【DST コンプレッサー】を紹介したいと思います。このクラブの特徴はシャフトが湾曲していること。これは科学的に計算され“正しいインパクト”の形になっているそうです。アイアンショットではハンドファーストのインパクトがショットの正確性などを求める上で必須ですが、この湾曲シャフトを指したクラブをハンドファーストに構え打つことで、理想のインパクトを“理屈”ではなく“体感”させてくれる器具なのです。

 契約していないため、プロの名前は明かせないそうですが、副社長のリッチ・マーシー氏によると『皆さんもご存知のPGAプロも使用している』そうです。アメリカではレッスンプロから“生徒に使わせたい”と問い合わせが相次いでいるとか。日本でも時期は未定ですが、発売予定があるそうです。

 シャンクしてしまうかと思いましたが、実際に打ってみて8番アイアンもウェッジもしっかり打てましたね。ですが、あおり打ちになってしまう人には絶対に打てないクラブです。アイアンショットの飛距離と精度を高めたい方は手にする価値があると思います」

【アンディ和田/ゴルフアナリスト、コメンテーター】
1968年生まれ。アメリカ国内のミニツアーをはじめ世界25ヶ国でプロの試合を経験。青木功や中嶋常幸らの米ツアーでのキャディの経験もあり。現在は欧州ツアーや米国女子ツアー、アメリカ2部ツアーまでどんなツアーにも詳しい解説アナリスト。ALBA.netの討論コンテンツ“Gボイス”のコメンテーター。

<ゴルフ情報ALBA.Net>