世界最大級のゴルフ見本市『PGAマーチャダイズショー』がフロリダ州のオーランドにて今年も開催。ショーの開幕に先駆けて20日(火)に行われたデモデーでは、オレンジ・カウンティ・ナショナルの円形練習場で行われる大規模な試打会が行われ、クラブメーカーだけでなく、シャフトメーカーや練習器具メーカーも出展。プロゴルファーが来場するため、例年大きな盛り上がりを見せる。そこで会場に訪れているアンディ和田氏のナビゲートで気になった商品を紹介していく。

【アンディ和田のPGAショーレポート1】空振りなし!? 投げて押し出す“フリングゴルフ”
 昨年あたりから日本国内市場で機能性シューズの進化が話題となり、カジュアルさを売りにしたスパイクレスシューズに参入するブランドも増えてきているが、PGAショーではどんなシューズが話題になっているのか…。

 「網目のアッパーが特徴的なフットジョイの【ハイパーフレックス】は注目ですね。同社にしてはかなり斬新な見た目のシューズです。ディレクターのミカエル・フィーニー氏によれば、メッシュの網目の部分は、デザイナーが通勤時に見る橋の鉄筋が交差している様からインスピレーションを受けてデザインしたそうです。

 実際に履いて球を打ってみましたが、アッパーは柔らかいですが、ソールは非常にしっかりしていました。ボアの装着されたタイプもラインナップされているそうで、日本ではそちらに力を入れる予定だそうです」

【アンディ和田/ゴルフアナリスト、コメンテーター】
1968年生まれ。アメリカ国内のミニツアーをはじめ世界25ヶ国でプロの試合を経験。青木功や中嶋常幸らの米ツアーでのキャディの経験もあり。現在は欧州ツアーや米国女子ツアー、アメリカ2部ツアーまでどんなツアーにも詳しい解説アナリスト。ALBA.netの討論コンテンツ“Gボイス”のコメンテーター。

<ゴルフ情報ALBA.Net>