<第3回 ALBA プロアマトーナメント 初日◇18日◇レイクウッドゴルフクラブ 西コース(男子プロ6,755ヤード、シニアプロ6,696ヤード、女性プロ6,065ヤード・パー72)>

 弊社主催「ALBAプロアマトーナメント」が神奈川県にあるレイクウッドゴルフクラブ・西コースを舞台に開幕。その初日、倉田珠里亜が3バーディ・ノーボギーの“69”でラウンド。3アンダーの4位タイにつけた。

貞方章男、重永亜斗夢、上平栄道の3人が首位発進!
 INからティオフした倉田は、いきなり10番でバーディ。幸先の良いスタートを切ると、12番でもバーディを奪いスコアを伸ばしていく。

 その後はなかなかバーディを奪えず耐えるかたちとなる。それでも「パーパットが良く決まってくれた」と粘りのゴルフを展開。着実にパーを並べていくと、折り返してからの5番でようやくバーディ。その後もボギーを叩かず、首位と1打差とトップの見える位置で明日の最終日を迎えることができた。

 「80点くらいですね」と振り返った今日のゴルフ。ノーボギーでのラウンドに「耐えることができたホールが多くて、最近のラウンドの中ではかなり良い」と笑顔を見せた。だが、続けて「バーディパットはあんまりだったのがちょっと…」とマイナス20点となった課題を口にする。

 優勝の見える位置で戦う最終日は「順位はあまり気にせずに、今日のように楽しく回れたら」と平常心で臨む構え。トップ通過でプロになって3年目。今シーズンを飛躍の年にするためにも、この大会を制して弾みをつけたいところだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>