株式会社デサントは1月8日(木)、大江香織と同社が展開する『マンシングウェア』ブランドのウェア着用契約を締結したと発表した。

斉藤愛璃が「知らないと人生損する!」という“暖ったかウエア”って?
 1886年にアメリカで誕生した『マンシングウェア』は1955年に世界で初めてのゴルフ専用ウェアを開発。日本でも約50年展開を続けているゴルフウェアブランドで、ブランドを象徴するペンギンのマークとともに、優れた機能性とファッション性で幅広いゴルファーに支持されているブランドだ。

 現在は宮里美香、全美貞(韓国)、斉藤愛璃、貞方章男らとウエア契約しているが、2015年シーズンからは大江も同ブランドを着用しシーズンを戦っていく。

 大江は「ゴルフウェアとして歴史あるブランド『マンシングウェア』と契約出来ることを嬉しく思います。昔から憧れていたかわいいペンギンキャラクターと綺麗な色使いの元気なイメージのウェアを着て、今シーズンはさらに活躍したいと思っています」とコメント。

 『マンシングウェア』の詳細は公式HP(http://www.munsingwear-jp.com/)をチェック。

<ゴルフ情報ALBA.Net>