本間ゴルフの2015年新体制発表のセレモニーで契約プロ13名が登場。イ・ボミ(韓国)と今季から日本女子ツアーに本格参戦するキム・ハヌル(韓国)が揃ってトークショーを行った。

『TEAM HONMA』に藤本佳則、福田真未、森田遥の3名が新加入!
 12月に開催されたファイナルQTを13位で終え、来季の出場権(一部試合を除く)を獲得したハヌルは、韓国では『スマイル・クイーン』の愛称で親しまれている。169cmのスラッとした長身で抜群のスタイル、そしてチャームポイントの笑顔で、ファンクラブも多いのだとか。2011、2012年と2年連続韓国女子ツアー賞金王に輝くなど実績十分で、プレースタイルは連続バーディなどで一気にスコアを伸ばせる爆発型だ。

 ハヌルが今季の展望を「今年から初めて日本ツアーに参戦しますが、先に日本ツアーで活躍している(韓国選手)に負けないように頑張ります。皆さんの応援をよろしくお願いします」と話すと、そのコメントを聞いた同社契約プロの高山忠洋から「可愛い〜」との声が飛び、会場が沸いた。

 『スマイル・キャンディ』の愛称を持つボミと、ハヌルは同級生。トークショーで2人の関係を聞かれたボミは「仲のいい友達です!」と笑顔見せたが、実力折り紙つきのハヌルは同じ“TEAM HONMA”とはいえ、大きなライバルとなるだろう。“スマイルキャンディ”と“スマイル・クイーン”の対決が今季のツアーを見所のひとつかもしれない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>