2014年シーズン賞金ランキング2位の藤田寛之が、12月20日(土)に東京・アメ横のゴルフ専門店を訪れトークショーを行った。ただでさえにぎわう師走のアメ横。中年の星の登場にその熱気はさらにアップ。店内からあふれるファンを前に藤田は、「こういう風にたくさんの方が来てくださるのはうれしいですね。他のプロもこの時期はイベントなどで全国を飛び回っていますよ」と笑顔を見せた。

藤田寛之が使用するドライバー詳細
 藤田はベテランらしい司会いらずの流暢なトークを披露。「オフはベンチプレス(MAX70kg)等の筋トレをしながら、どのくらいの日数で、どのくらいの度合いの筋肉痛になるのかなどチェックしています」とオフのトレーニングの内容などを語った。店内からも伝わる同年代の熱い声援を受けて、3勝をマークし健在ぶりをアピールした今季を振り返ると「なんで僕が勝てちゃうんですかね?バッバ(ワトソン)とかには軽く30ヤード以上置いていかれるのに」と笑いを誘っていた。

 自らに厳しい課題を課す藤田だが、使用するクラブにもデータをもとに厳しい目を向けている。弾道測定器「トラックマン」を個人で保有し、常に数値をチェック。今季は「アールズエバーラスティングKBCオーガスタ」を前にドライバーを“inpres RMX TOURMODEL”に変えたがその大会ですぐに優勝。「僕はデータに基づいてクラブを使っている。YAMAHAさんはクオリティの高いクラブを作ってくれます。肩が良い状態ならもう1、2勝いけたかも(笑)」と自らのこだわりを形にしてくれる契約のYAMAHAへの全幅の信頼を口にした。

 来季に向けては、今季悩まされた左肩痛の治療を最優先にしながらも「まずは勝つこと。あとは海外のツアー出場があるので、そのモチベーションをいい結果につなげていきたい。若手を育成、応援していく意味でもね」と意気込み。2015年6月には46歳。まだまだツアーの第一線を走り続ける。

<ゴルフ情報ALBA.Net>