日本最大級のスポーツファッションフロアとして人気ゴルフアパレル店舗が揃う、新宿の小田急百貨店ハルク。12月中は「ハルクスポーツ クリスマスゴルフフェス」として、人気女子プロゴルファーが契約メーカーのイベントを開催。12月13日(土)には、マンシングウエア契約の斉藤愛璃が登場し、集まったファンに囲まれながらのトークショーを行った。

斉藤愛璃のプレー写真は『女子プロ写真館』でチェック!
 マイブームは最近飼い始めたという子犬。「まだ本当に小さくて可愛い。シーズンが始まると会えなくなるので、いまのうちに一杯食べさせて可愛がりたい」と、愛犬とのふれあいが1番のリフレッシュなのだとか。

 そして契約するマンシングウエアについては「昔から好きで個人的に着ていたブランド。大好きなウエアを着てプレー出来ると気持ちも上がります!」とモチベーションを高める勝負服になっていると語った。ツアー中のウエア選びは直感派。第一印象でスパッと選び、ほとんど迷わないのだという。

 斉藤が「知らない人は人生を損している」と絶賛し、ゴルファーに勧めたいアイテムは、蓄熱保温素材“ヒートナビ”を採用したウエア。“プラス5°の暖かさ”というキャッチコピーのもので「冬になるとどうしても着込みがち。でもコレは薄くて動きやすい。知らない人は本当にもったいないです」と“絶対薄着派”の斎藤は声を上げてアピールしていた。

 最後に応援するファンに対し「今年はシードが取れなかったですが、QTを突破でき、来季出場のチャンスをもらえました。試合に出場できることに感謝してプレーをしてきたいです」と抱負を語った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>