<ファイナルQT 3日目◇8日◇白山ヴィレッジゴルフコース>

 男子ファイナルQTが三重県にある白山ヴィレッジゴルフコースで行われ、3日目の今日、決勝ラウンドに進む97名が決定した。

横峯さくら、米ツアー出場権獲得!11位でファイナルQT通過!
 トップに立ったのは韓国の黄仁春。今日もスコアを4つ伸ばしトータル16アンダーと単独首位に立っている。その黄に1打差の2位タイに權成烈(韓国)とY・E・ヤン(韓国)。その4人と1打差の単独4位に姜志満と上位の顔ぶれには韓国人プレーヤーが目立っている。

 今季シードを喪失した選手では、金度勲の19位タイが最上位。続いて矢野東と白佳和が30位タイにつけた。横尾要が52位タイ、井上信が65位タイ、上平栄道と河野祐輝が80位タイと明日からの戦いに進出。野中茂、五十嵐雄二は決勝ラウンドに駒を進めることはできなかった。

 決勝ラウンドは白山ヴィレッジゴルフコースのクイーンコースで明日から2日間行われる。そして上位35選手が来季の出場権を掴むこととなる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>