<日韓女子プロゴルフ対抗戦 最終日◇7日◇三好カントリー倶楽部 西コース(6,495ヤード・パー72)>

 愛知県にある三好カントリー倶楽部で開催された「日韓女子プロゴルフ対抗戦」最終日は18ホールストロークプレーによるシングルス(勝ち2点・引き分け1点・負け0点)が行われた。初日のダブルスでは1勝しかできず大きく韓国チームにリードを許した日本チーム、この日のシングルス戦も3勝7敗2分と負け越し、通算ポイントも14ポイント対34ポイントで大敗を喫した。

渡邉・穴井組が意地の1勝!初日は韓国チームが大きくリード…日韓女子プロゴルフ対抗戦
 初日の結果を受け、気合を入れて臨んだ日本チームだったが、1人目の大山志保が逆転負け。2人目の森田理香子、3人目の渡邉彩香は引き分けで2ポイント獲得するも、続く笠りつ子、酒井美紀、鈴木愛が3連敗を喫し日本チームの勝利が消滅した。

 それでも、初日出番がなかった大江香織が、気を吐き日本チームの初勝利を挙げ、2ポイント獲得。続くキャプテン・吉田弓美子はイ・ボミに敗れたものの、地元愛知出身の穴井詩がチェ・ナヨンを破り日本チーム2勝目を挙げた。

 同じく愛知出身の原江里菜が昨日に引き続きノーボギーでラウンドし2アンダーをマーク。世界ランク1位のインビー・パークから大金星を奪った。しかし、続く上田桃子と成田美寿々が連敗で終戦、韓国チームが大会3連覇を果たした。通算の対戦成績は日本チームの3勝7敗1分と、さらに水をあけられる結果となった。

【シングルスのポイント】
日本11 - 25韓国

【シングルス結果】
大山志保(E)× ○キム・ヒョージュ(-1)
森田理香子(+1)△ △イ・ジョンミン(+1)
渡邉彩香(+5)△ △イ・ミンヨン(+5)
笠りつ子(+1)× ○イ・ミリム(-3)
酒井美紀(+6)× ○チェ・ウンジョン(E)
鈴木愛(+7)× ○ペク・ギュジョン(+1)
大江香織(-3)○ ×チョン・インジ(+1)
吉田弓美子(+4)× ○イ・ボミ(E)
穴井詩(+2)○ ×チェ・ナヨン(+3)
原江里菜(-2)○ ×インビー・パーク(+3)
上田桃子(+1)× ○申ジエ(-2)
成田美寿々(+5)× ○ユ・ソヨン(-5)

<ゴルフ情報ALBA.Net>