<ファイナルQT 3日目◇5日◇葛城ゴルフ倶楽部 宇刈コース(6,424ヤード・パー72)>

 静岡県にある葛城ゴルフ倶楽部で開催中のファイナルQT3日目。最終日を明日に控え、鬼澤信子と佐藤靖子がトータル1アンダーで首位タイに立った。

 単独首位からスタートした鬼澤だったが、今日はバーディが奪えない苦しい展開。加えて前半の3ボギーでスコアを落としたが気持ちは最後まで切らさず。後半はパーを9つ並べてホールアウト。首位タイをキープして運命の最終決戦を迎える。

 その鬼澤と並ぶ首位タイに浮上したのが佐藤。首位と2打差でスタートした佐藤は鬼澤同様前半で3つのボギーで苦しむが、後半は16番でバーディを奪い、スコアを1つ伸ばしてホールアウト。鬼澤に追いついて3日目を終えた。

 トップの2人に続く単独3位にはトータル1オーバーのヤング・キム(韓国)。そのキムに1打差の4位タイに大和笑莉奈と金井智子がつけている。3打差で賞金シードを逃した工藤遥加は12位タイに浮上した。

 今季賞金シードを喪失した選手では金田久美子、若林舞衣子、三塚優子、福田裕子がトータル7オーバーの15位タイ。ウェイ・ユンジェ(台湾)は26位タイ、諸見里しのぶは40位タイとなっている。中村香織は56位タイ、青山加織は70位タイ、櫻井有希は101位タイと苦しい位置。最終日の爆発にかける。

 ファイナルQTも明日の最終日を残すのみ。来季のシード権を与えられる上位35位以内に入る選手、入れない選手は、誰になるのか?

<ゴルフ情報ALBA.Net>