<ゴルフ日本シリーズ JTカップ 事前情報◇3日◇東京よみうりカントリークラブ(7,023ヤード・パー70)>

 近藤共弘と岩田寛。ともに今シーズン最終戦の「ゴルフ日本シリーズ JTカップ」で勝利を挙げれば、逆転賞金王の可能性を残す両者だが、その意識はまるっきり違う。

小田孔明が警戒する男・近藤共弘、新たな相棒と共に賞金王へ
 現在賞金ランク3位の近藤は「逆転賞金王って周りは盛り上がっていますが、自分のなかでの昂(たか)ぶりはない」としながらも、「確率的には低いですけど、チャンスがあること自体嬉しい。今まで(賞金王を)意識していなかったですが、チャンスがある限り意識していきたい」と、賞金王への意識が芽生えたという。

 小田孔明が“1番調子いいのは近藤さんじゃないですか”といい警戒される存在。「天気は厳しそうですが、初日にいいスタートを切りたい」と抱負を語った。

 一方、賞金ランク4位の岩田は「(賞金王への意識は)ない。本音を隠しているわけではなく本当にない。むしろ聞かないで欲しい」と騒がないで欲しい様子。7年ぶりの出場となる「JTカップ」で勝利をあげるイメージはまったくないという。一打一打に集中し「日曜日のバックナインの残り3ホールでいい位置にいられるように我慢のゴルフをしたい」と控えめに話した。

 現在、小田と藤田の2人の対決構図となっているが、大会を盛り上げるためにも近藤と岩田の活躍は欠かせないだろう。

<ゴルフ情報ALBA.Net>