先週開催された国内男子ツアー「ダンロップフェニックス」を制した松山英樹。今季は米ツアーでも1勝、国内ではわずか2試合の出場ながら勝ち星を挙げた“怪物”が外用消炎鎮痛薬『バンテリン』ブランドを展開する興和株式会社と“パフォーマンスサポート契約”を締結。25日(火)、都内のホテルにて契約発表が行われた。

松山、新ドライバー投入即勝利!クラブセッティングは?
 興和は松山を起用した広告宣伝活動を行うと共に、『バンテリン』などの製品提供などで松山のパフォーマンスをサポートしていくという。この契約に「昨年からケガが多すぎるので(笑)心強いです」と喜びのコメントを寄せた松山。これからは左の袖に“VANTELIN”のロゴを入れて世界と戦っていく。

 松山は12月4日(木)から開催されるタイガー・ウッズ(米国)がホストを務める大会、「ヒーローワールドチャレンジ」に日本人選手として初の出場を決めている。メジャー覇者や世界ランキング上位者など18名の一流プレーヤーしか参加できないこの試合、「フィールドは厚いけど、状態もいいので優勝を狙っていきたい」と意気込みを話した。

 ウッズとは「英語がしゃべれないので、まだ挨拶程度しかできていません」という松山。ウッズも同じ『バンテリン』のCMキャラクターを勤めており、今後競演などもあるかもしれないというMCからの問いには「緊張して何もできないと思います」と笑顔で答えていた。

 ウッズがホストの大会の開幕直前のタイミングで契約を締結した松山。ワールドチャレンジではこの『バンテリン』で憧れの選手との距離が縮められるかもしれない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>