<CMEグループ・ツアー選手権 3日目◇22日◇チバロンGC >

 米国女子ツアー「CMEグループ・ツアー選手権」3日目の競技が終了。この日、首位からスタートしたパラグアイのジュリエッタ・グラナダが4バーディ・2ボギーの“70”で2つ伸ばし通算9アンダーで首位を堅守。ツアー2勝目に王手をかけた。

 1打差の通算8アンダー2位タイにはモーガン・プレッセル(米国)とカルロタ・シガンダ(スペイン)。続く通算7アンダー4位にサンドラ・ガル(ドイツ)がつけた。通算6アンダー5位タイにはリディア・コ(ニュージーランド)とリュー・ソヨン(韓国)。さらにミシェル・ウィー(米国)とアンジェラ・スタンフォード(米国)が通算5位タイで7位タイとした。

 また、主要タイトルの独占を目指すステイシー・ルイス(米国)は、2日目スコアを崩し通算1アンダー15位タイとしたが、この日“70”で回り、通算3アンダーで10位タイまで順位を上げた。現時点で各部門でルイスとタイトル争いを繰り広げているインビー・パーク(韓国)が通算2オーバーの38位タイで3日目を終了、ルイスはタイトル独占へ前進した。

 日本勢で唯一出場する上原彩子は通算10オーバー56位タイで最終日を迎える。

【3日目の結果】
1位:ジュリエッタ・グラナダ(-9)
2位T:モーガン・プレッセル(-8)
2位T:カルロタ・シガンダ(-8)
4位:サンドラ・ガル(-7)
5位T:リディア・コ(-6)
5位T:リュー・ソヨン(-6)

10位T:ステイシー・ルイス(-3)他

56位T:上原彩子(+10)

<ゴルフ情報ALBA.Net>