<ダンロップフェニックス 3日目◇22日◇フェニックスカントリークラブ(7,027ヤード・パー71)>

 国内男子ツアー「ダンロップフェニックス」の3日目。全選手がハーフターンを終え、予選ラウンドを首位で通過した松山英樹は前半を2バーディ・ノーボギーでラウンド。通算12アンダーまで伸ばし首位をキープし後半へ入った。また、2位スタートのI・H・ホ(韓国)が前半で3つ伸ばし松山を捕らえ首位に並んだ。

 2打差の通算10アンダー3位タイにはジョーダン・スピース(米国)とブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)。続く通算9アンダー5位に池田勇太がつけている。さらに初日首位に立った稲森佑貴が通算8アンダーで6位。先週惜しくも優勝を逃した武藤俊憲が通算7アンダーで7位につけている。

 今大会プレーがかみ合わず低迷し54位タイで予選を通過した石川遼はこの日裏街道の10番からスタート。その前半は3バーディ・1ボギーで2つ伸ばし通算イーブンパー40位タイまで順位を上げた。また、大物ゲストの一人、ウェブ・シンプソン(米国)は1バーディ・2ボギーで通算3オーバーで52位としている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>