<ダンロップフェニックス 2日目◇21日◇フェニックスカントリークラブ(7,027ヤード・パー71)>

 憧れの尾崎将司に一歩近づいた2010年大会。歴代優勝者の池田勇太がこの日6バーディ・ノーボギーの“65”でスコアを6つ伸ばしトータル8アンダーの4位タイに浮上。首位の松山英樹と2打差に接近して、決勝ラウンドへコマを進めた。

「憧れの人に少し近づけた」池田勇太が激闘制し今季4勝目!
 「調子は良いわけではないけど、それなりにまとまっていた」とショットへの手ごたえは希薄ながら、3番からの3連続バーディなどで前半だけで4つスコアを伸ばした。後半は13番でバーディを奪うと、最終18番は約234ヤードをピン奥3メートルに2オン成功。

 同組のゴンサロ・フェルナンデス・カスタノ(スペイン)のトラブルにより、少し待たされて放った下りのスライスラインは「出だし30センチくらいでスピードが出せなかった」と決めきれなかったものの、きっちりバーディで締めて見せた。

 「良いタッチが出せているし、悪くない」と、先週から今大会へ向けて替えたパターが力を発揮している。手にしたのは優勝した「日本オープン」で使用したオデッセイ・ミルドコレクション#5。「重さとかバランスは違うけど、ここに合わせて再度投入した」とビッグタイトルをもたらした相棒に満足気だ。

 現在賞金ランキング6位。ランク1位の小田孔明とは約5,100万円差がついているが、優勝賞金4,000万円のビッグタイトルを手にすればおのずと悲願の賞金王も視界に入る。「俺は勝たなきゃ話になんない」。2度目のフェニックス制覇へモチベーションはどこまでも高まっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>