国内女子ツアー「伊藤園レディス」でプレーオフを制し前田陽子が29歳にして初の栄冠を手にした。前田はフェアウェイウッドとハイブリッドが6本バッグに入った“六本木”セッティング。PINGゴルフとは今季からの契約で特に「ウッド系が気に入っている」とのこと。

前田陽子の優勝を「スコア詳細速報」のデータで振り返る
 連戦の疲労と、最近の寒さで段々とシャフトを柔らかく、軽いものにしていったという前田。ハイブリッドはPINGの純正シャフトで柔らかめの『LT50』を使用している。「伊藤園レディス」ではこのハイブリッドが大活躍。「セカンドで使用したハイブリッドが優勝へと導いてくれた武器となりました。私はアイアンで打つと球が低く出るのですが、PINGのハイブリッドは高さもしっかり出てくれます」と喜びのコメントを寄せた。

【前田陽子のセッティング】
ドライバー:i25ドライバー 9.5°/バサラP53 S 45.25インチ
FW:G30 フェアウェイウッド(#3、#5、#7)
ハイブリッド:G25 ハイブリッド(23°、27°、31°)
アイアン:i25アイアン #7〜#9 PW
ウェッジ:TOUR ウェッジ(50°、56°)
パター:スコッツデールTR グレイホーク
ボール:タイトリスト PRO V1 (6代目)
※ボール以外はすべてPINGゴルフ

※WITB=Whats in the Bag(キャディバッグの中身)

<ゴルフ情報ALBA.Net>