<国内男子賞金ランキング>

 国内男子ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」終了時の国内男子賞金ランキングが発表された。

【関連ニュース】バッバ・ワトソン、V争いならずも…残した熱狂と強烈なインパクト
 約1,700万円差で迎えた今大会。予選ラウンドを終えた時点で、賞金ランクトップの小田孔明が予選落ちとなるのを尻目に、2位の藤田寛之が単独首位に踊りでる。

 これにより決勝ラウンドの結果次第では、藤田は差を縮めるどころか逆転まで可能性があった。しかし、最終日に痛めている左肩の影響もあり5オーバーとまさかの大乱調。30位タイまで順位を落としたため、小田が賞金ランク首位の座をキープした。

 また今大会で優勝したD・オーは賞金3,000万円を加算、14位まで順位を上げている。

【国内男子賞金ランキング】
1位:小田孔明(123,399,998円)
2位:藤田寛之(107,209,538円)
3位:近藤共弘(95,869,797円)
4位:岩田寛(76,652,599円)
5位:谷原秀人(74,329,050円)
6位:池田勇太(71,935,270円)
7位:金亨成(60,032,416円)
8位:竹谷佳孝(58,873,244円)
9位:ジャン・ドンキュ(56,286,025円)
10位:藤本佳則(56,223,686円)

14位:D・オー(50,581,309円)

<ゴルフ情報ALBA.Net>