<伊藤園レディスゴルフトーナメント 最終日◇16日◇グレートアイランド倶楽部(6,639ヤード・パー72)>

 国内女子ツアー「伊藤園レディス」の最終日。トータル9アンダーで並んでフィニッシュした前田陽子と大城さつきがプレーオフに突入。2ホール目で1.5メートルの微妙な距離を決めきれず大城はボギー。前田はパーをセーブし、「ラウドマウスゴルフ」のド派手なパンツを履いた2人の対決は前田に軍配が上がった。

スコア詳細速報で「伊藤園レディス」をふりかえる!
 首位タイから出た原江里菜は終盤に3連続ボギーを叩き、悔しい4位タイフィニッシュ。単独の3位にはこの日3つスコアを伸ばした上田桃子が入った。

 賞金女王レースではこの試合の優勝が最低条件だったランク4位の成田美寿々と予選落ちした同3位の申ジエ(韓国)が脱落。女王の行方はアン・ソンジュ(韓国)とイ・ボミ(韓国)の2人に絞られた。なお、イは来週の「エリエールレディス」で2人までの2位タイ以上の成績を残さないと、アンの女王戴冠が決まる。

 以下に主要選手のコメントを掲載する。

●大城さつき(トータル9アンダー2位 ※プレーオフ)
「(最後のパーパット)1.5メートルとかですね。何も考えて無かったです。緊張はしませんでした、今日の目標は6アンダーで10アンダーで優勝できると思ってて、今日は5アンダーで1個足りなかったので緊張しませんでした。(賞金ランクが上昇して)良かったです。今年は車を買ったので車代に回せるし、お父さん(闘病中)の介護や、妹の子供とか…今年は成績が悪くてみんなに我慢してもらっててこれで少しは親孝行できたかな」

●上田桃子(トータル8アンダー3位)
「16番、17番、18番と良いバーディチャンスだったけど、読みと合わなかったですね。でも、今週の体調の中では満足しているし、来週は繋がるかなと。特に今日はノーボギーなので」

●成田美寿々(トータル6アンダー10位タイ)
「良い感じだったんですけどね。9番、11番と短いバーディパット外して波に乗れず、そして大きなミス(16番ダボ)をして。勝負どころのパットが決まらなかったので、今日は私の日じゃなかったんだと。(女王の可能性は無くなり)もともとそんなに可能性はなかったので。トップ10に入って1億にちょっとでもと思ったんですけど。先週は1打足りなかったので。残り試合は優勝争いして勝てたら最高ですけど、あと2週間はずっと上位に顔を出せれば」

●アン・ソンジュ(トータル4アンダー21位タイ)
「今日はショットがショットが良かったけどパットが入らなくて。入れたい気持ちが強いから力が入りすぎた。もっと楽にやってたら、1つ2つ伸ばせたかな。でも、ショットが良くなっているので来週は楽しみです。来週に(女王が)決まるか分かると思うけど、考えたら今週の初日みたいになるし、考えすぎると不安になって気分も下がるから考えないようにします」

<ゴルフ情報ALBA.Net>