<三井住友VISA太平洋マスターズ 最終日◇16日◇太平洋クラブ 御殿場コース(7,246ヤード・パー72)>

 国内男子ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」の最終日。前半スコアを伸ばせず通算2アンダーで後半へ入ったバッバ・ワトソン(米国)。その後半では3バーディ・1ダブルボギーで1つ伸ばし通算3アンダーでホールアウト、大会を終えた。

「バッドラウンド」 バッバ・ワトソンは2ダボで失速
 この日、OUTの第1組目でスタートしたバッバ・ワトソン。前半では4番でバーディを先行させ巻き返しに期待されたが、9番でボギーを叩き前半は伸ばせずにハーフターン。

 それでも後半に入ると11、12、13番で3連続バーディを奪取、一気にスコアを伸ばした。この3連続バーディで一気に浮上と思われたが続く14番ではダボを叩いてしまい急ブレーキ。その後はスコアを伸ばせずにホールアウト。結局この日は4バーディ・1ボギー・1ダブルボギーの“71”でラウンド、見せ場は作ったものの1つ伸ばすに留まった。現時点で通算3アンダーは26位タイとなっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>