<三井住友VISA太平洋マスターズ 3日目◇15日◇太平洋クラブ 御殿場コース(7,246ヤード・パー72)>

 大混戦を作り出したムービングデー。デービッド・オー(米国)、ハン・リー(米国)、梁津萬(中国)がトップ3に並ぶ中、武藤俊憲がトータル8アンダーまでスコアを伸ばし日本勢最上位となる4位タイにつけた。

池田勇太はショット不調も、3打差6位タイに浮上
 2番、3番連続バーディのあとの4番パー3でのダブルボギー。だが、武藤の表情に迷いはない。「風のジャッジミス。問題ない」と前を向くと、7番、8番の連続バーディでカムバック。「獲るべきところは獲れた」と後半も1つスコアを伸ばし、首位と2打差に喰らいついた。

 毎年、安定したパフォーマンスを見せるショットメーカー。だが今季はここまで賞金ランク58位と下位に甘んじている。その大きな要因は春先におった大けがだ。ホストプロとして大きな期待を集めて出場した「ミズノオープン」。初日にコースのくぼみに足をとられて途中棄権すると、その後の診断で左足首靭帯の損傷が判明した。

 全治6週間。手術も検討されるほどの怪我だったが、「KBCオーガスタ」からツアー復帰を果たした。しかし、今も朝起きれば足首にしこりが残る状態。「違和感はアリアリ。リハビリの先生からも言われているし、ケアが終わったあとも自分で足りないところをマッサージしている」と完治にはまだ時間が必要な状況だ。

 それでも、ようやく練習にも時間をさけるようになったことでゴルフも復調傾向。「ショットは相当いい状態であることは間違いない」。パッティングに関しても「昨日は(パット数)1位でしょ?師匠(谷口徹)のおかげですって言っておいて」と冗談を飛ばす余裕もある。来季の出場試合確保のために特別公傷制度の申請も済ませてあるが、勝てばもちろん心配は杞憂に終わる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>