<伊藤園レディスゴルフトーナメント 2日目◇15日◇グレートアイランド倶楽部(6,639ヤード・パー72)>

 国内女子ツアー「伊藤園レディスゴルフトーナメント」の2日目。今季ここまでトップ10フィニッシュ10回、予選落ち0回と安定したプレーをみせている原江里菜。この試合でも初日首位と1打差の2位につけると、この日は4バーディ・ノーボギーの“68”をマーク。スコアを4つ伸ばし、トータル8アンダーで藤本麻子と並び首位に立った。

スコア詳細速報で「伊藤園レディス」の2日目を振り返る!!
 原は前半で2つスコアを伸ばすと、後半も12番パー3でティショットを50センチにつけバーディが先行。最終18番でも残り153ヤードのセカンドショットを7番アイアンで1メートルにつけバーディ締め。「今日はショットがピンについてくれましたね」と好調なショットを武器に強風の中ノーボギーにまとめ、最高の位置につけた。

 今季は何度も優勝争いに絡んできたが、6年ぶりの勝ち星は挙げられず、残りはこの試合を含め3試合に。「今週は自分だと思ってやってました。いつもは緊張から逃げるというか、緊張しないように意識していたけど、今日は“これを決めたら”と意識しました」とプレッシャーと真正面から戦い、打ち勝った。

 明日は「ガチガチになっても崩れないと自分を信じているので、警戒しすぎず、後悔しないよう」プレーしたいと力強く話した原。明日もこの日のように強い気持ちを最後までもって戦い抜ければ、待望の栄冠が見えてくるだろう。

<ゴルフ情報ALBA.Net>