<伊藤園レディスゴルフトーナメント 初日◇14日◇グレートアイランド倶楽部(6,639ヤード・パー72)>

 国内女子ツアー「伊藤園レディス」の初日。鈴木愛が5アンダーで混戦の中頭一つ抜け出し単独首位に。1打差の2位タイには成田美寿々、原江里菜ら6選手がつけた。

出場選手のスコアやプレー詳細をスコア詳細速報で配信!
 賞金女王レースでトップを走るアン・ソンジュ(韓国)がティショットの不調から1オーバー57位タイと出遅れ、ランク2位のイ・ボミ(韓国)は首位と3打差の17位タイとまずまずの位置につけた。ちなみに、今大会でアンが優勝し、イが単独2位以外ならば女王が決定する。

 生涯獲得賞金10億円突破の偉業がかかる横峯さくらは1アンダー34位タイ。今大会で9位以上になれば偉業達成となるが、スタートダッシュを決めることは出来なかった。

 以下に主要選手のコメントを掲載する。

●原江里菜(4アンダー2位タイ)
「ショットの状態がいいですね。他の選手がもっとスコアが出てるイメージでしたが、思ったより出てなかったですね。ロングはバーディが獲りやすいけど、このコースは上がりは難しくなるのでスコアは出ないかな。ロングでどれだけ獲れるかが大事だと思います」

●イ・ボミ(2アンダー17位タイ)
「今日はまあまあだと思います。ショットは上手く打てたけど、パターが入らなかったので。午前中はグリーンが速くてよい感じでしたが。新しいパターは違和感なく良い感じに使えています。パットが決まらなくて、ストレスになっていますがあんまり考えすぎずにやっていきたいです」

●横峯さくら(1アンダー34位タイ)
「今日は私の調子がショットもパットも良くなかったので、その中でアンダーで回れたのはまずまずだと思います。バーディを獲れたところは良かったけど、全体的には流れをつかめずもったいない1日でした。パッティングではヘッドアップしてしまって、明日はそれがないようにしたいです」

●アン・ソンジュ(1オーバー57位タイ)
「ショットが良くなくてパッティングで助かってたんですけど…。今日は全然自分のゴルフじゃなかったですね。ティショットが悪かったです。フェアウェイにいかないので、次につなげることができなかった。今日は流れが悪かったです。自分に足りなかったところを修正して何とかするしかないですね」

<ゴルフ情報ALBA.Net>