<三井住友VISA太平洋マスターズ 2日目◇14日◇太平洋クラブ 御殿場コース(7,246ヤード・パー72)>

 国内男子ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」の2日目。全選手がハーフターンを終え、初日5アンダーをマークし首位タイにつけたバッバ・ワトソン(米国)が1イーグル・3バーディ・2ボギーで通算8アンダーまで伸ばした。

【スコア詳細速報】『伊藤園レディス』激闘の模様はこちら
 後半のスタートホールとなった10番パー4(401ヤード)。ティショットで約350ヤードのビッグドライブ。2打目を残り50ヤード地点から60度のウェッジで一閃すると、見事カップに吸い込まれ、イーグル奪取。単独首位に躍り出た。

 1打差の通算7アンダー2位にはチェ・ホソン(韓国)。続く通算6アンダー3位タイには藤田寛之とデービッド・オー(米国)がつけた。通算5アンダー5位タイにはI・J・ジャン(韓国)と呉阿順(ゴ・アジュン)(中国)。さらに通算4アンダー7位タイに近藤共弘、山下和宏、宮里聖志ら5人が並んだ。

 また、ワトソンと同組で回る谷原秀人と石川遼の2人は、谷原が通算2アンダーの18位タイ、一方の石川は通算5オーバーと大きく崩し66位タイとしている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>