<三井住友VISA太平洋マスターズ 事前情報◇12日◇太平洋クラブ 御殿場コース(7,246ヤード・パー72)>
 
 バッバ・ワトソン(米国)が勝利した先週の「WGC-HSBCチャンピオンズ」で、優勝争いに食い込む活躍を見せた岩田寛。しかし惜しくも快挙を逃したことで「寝られないくらい」悔しい思いをしたという。

岩田寛、惜しくも日本人初の世界ゴルフ選手権制覇ならず…3位タイ
 自身のプレーの手応えについて「まだ1度しか(海外での優勝争いを)経験していないし、この悔しさを今後に生かせて初めて意味がある」と語った岩田。

 今週はワトソンに“借りを返す”チャンスだが「一昨日、昨日とキャディに休んだほうがいいと言われて、クラブを握らず休んだけど、今日はショットもパットも酷い状態」と、激戦の後の休息を後悔している様子。キャディには明日になれば休んだ意味がわかると諭されたというが「今日の状態だと明日は期待できませんね」と白旗宣言も飛び出した。

 だが「WGC-HSBCチャンピオンズ」での活躍は、国内男女ツアーの話題を吹き飛ばすほどゴルフファンを釘付けにした。今大会も注目を浴びる選手のひとりだろう。

 米国男子ツアー参戦を希望する岩田には「世界ランキングを上げて、WGCやメジャー大会に出場したい」という理想がある。現在は80位。1試合1試合、結果を出していけなければならない。そしてファンの心を躍らす活躍をした後だからこそ、今週は不甲斐ないプレーを見せるわけにはいかない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>