<国内女子賞金ランキング>

 全米女子プロゴルフ協会公式戦「ミズノクラシック」終了時点の賞金ランキングが発表された。

【関連ニュース】香妻琴乃、またも優勝を逃すも淡々「次も優勝を狙っていきます」
 全米女子プロゴルフ協会公式戦のため、賞金総額はドルにて定められている今大会。本日10日のドルレート、113.4円にて賞金額が決定、円安の影響で今大会は優勝賞金が2,000万円を越える高額賞金大会となった。しかし米国ツアーメンバーの李美香が優勝したため、国内女子賞金ランクにベスト10に変動は見られなかった。

 そんな中、大きくジャンプアップしたのが香妻琴乃。今大会はプレーオフで敗れたものの2位タイでフィニッシュし、約1,071万円を加算した。これにより賞金ランクも20位に浮上し、今シーズンのツアー優勝者と賞金ランク25位以内の選手が出場できる最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」出場に大きく前進した。

【国内女子賞金ランキング】
1位:アン・ソンジュ(149,170,741円)
2位:イ・ボミ(116,053,686円)
3位:申ジエ(100,435,192円)
4位:成田美寿々(93,550,703円)
5位:テレサ・ルー(90,905,520円)
6位:酒井美紀(86,045,563円)
7位:大山 志保(75,758,791円)
8位:イ・ナリ(74,300,018円)
9位:原江里菜(66,792,953円)
10位:上田桃子(61,952,252円)

20位:香妻琴乃(41,799,825円)

<ゴルフ情報ALBA.Net>