<ミズノクラシック 最終日◇9日◇近鉄賢島カンツリークラブ(6,506ヤード・パー72)>

 三重県にある近鉄賢島カンツリークラブを舞台に開催された全米女子プロゴルフ協会公式戦「ミズノクラシック」最終日。4位タイからスタートした香妻琴乃は4連続バーディなどでスコアを伸ばし首位タイで18ホールを終えるも、プレーオフで李美香(韓国)に破れツアー初優勝とはならなかった。

LIVE PHOTOで大会を振り返る!
 フロントナインは絶好調だったこの日。2番のバーディを皮切りに4連続バーディ。一気にスコアを伸ばすと、7番パー5ではティショットをバンカーに入れるもそこからナイスリカバリーでバーディ。ここまで5バーディを奪う快進撃で優勝を予感させた。

 しかし9番でセカンドショットをショートさせ、そこから寄せきれずボギー。そこから暗雲が立ち込めてくる。サンデーバックナインに入っても悪い流れを断ち切れず11番でボギー。そこからはなんとかパーを拾う展開に。そんな状態でもスコアを落とさず粘りを見せた。最終18番ではきわどいパーパットを何とかねじ込み、プレーオフへの挑戦権を得た。

 18番で繰り返し行われたプレーオフ、3人ともパーで向かえた2ホール目にチャンスを迎える。李、イ・イルヒー(韓国)がバーディパットを外してパー、残すは2メートルのバーディパットを入れるのみとなった。しかし多くの観客が固唾を飲んで見守る中放たれた打球は、無常にもカップの左をすり抜けカップインならず。「スライスラインだったけど、左を向いて打ってしまった」と悔やんでも悔やみきれない一打で、優勝をあと一歩のところで逃してしまう。

 それでも気持ちを切らさず戦った香妻。次の3ホール目では14メートルをねじ込むが、他の2人もバーディを奪いまたしても決まらず。そして香妻、リーがパーとした5ホール目で李がバーディを奪い、5ホールに渡るプレーオフに決着。「サマンサタバサレディース」に続く今季2回目のプレーオフでまたしても破れ、2位で終戦した。

 前回のプレーオフ敗戦後には涙を浮かべた香妻だった。しかし、今回は「悔しいですけど、全力を出し切った結果だと思います」と落ち着いた面持ちで振り返った。「あとは技術の問題ですね。アプローチとパターを磨いていけばスコアを落とすことも減ると思う」と敗戦直後でも客観的に自分を見つめる余裕すらあった。

 今大会の2位タイで「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」の出場をほぼ手中に収めた香妻。今シーズンの残り試合は「大王製紙エリエールレディスオープン」と最終戦のあと2試合。今季の目標である“ツアー初優勝”へ「次も優勝を狙っていきます」と最後に力強く宣言した香妻、今日の経験を力に変えて残り少ない戦いに全力を尽くす。

<ゴルフ情報ALBA.Net>