<WGC-HSBCチャンピオンズ 3日目◇8日◇シャーシャン・インターナショナルGC>

 中国にあるシャーシャン・インターナショナルGCで開催されている、世界ゴルフ選手権シリーズの「WGC-HSBCチャンピオンズ」3日目。岩田寛がトータル10アンダーで2位に浮上する一方、松山英樹、竹谷佳孝の2人の日本勢は伸び悩んだ。松山は3バーディ・4ボギーの“73”でスコアを1つ落としトータルイーブンパーの24位タイ、竹谷佳孝はトータル14オーバーの74位で3日目を終えた。

岩田寛、米ツアー制覇の快挙へ1打差2位も「なにも考えてません」
 トータル1アンダーの21位タイで、リー・ウェストウッド(イングランド)、日本ツアーでもおなじみ金亨成(韓国)と同組でスタートした松山だったが5番、6番と連続ボギーを叩きスコアを落とすと、7番でバーディのあと9番、12番とボギーを叩いて後退。終盤2つのバーディで盛り返したものの順位を落としてのフィニッシュとなった。

 松山は今後日本ツアーの「ダンロップフェニックス」、タイガー・ウッズ(米国)がホストを務める「ヒーローワールドチャレンジ」への出場を予定しているが、米ツアーでの今年の戦いは明日で一区切り。会心のラウンドで締めくくることができるか。

【3日目の順位】
1位:グレアム・マクドウェル(-11)
2位:岩田寛(-10)
3位T:マーティン・カイマー(-9)
3位T:バッバ・ワトソン(-9)
5位T:リッキー・ファウラー(-8)
5位T:ティム・クラーク(-8)
7位T:イアン・ポールター(-7)
7位T:トービヨン・オルセン(-7)

24位T:松山英樹(E)他
74位:竹谷佳孝(+14)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>