<富士フイルムシニアチャンピオンシップ 2日目◇7日◇ザ・カントリークラブ・ジャパン (6,953ヤード・パー72)>

 千葉県のザ・カントリークラブ・ジャパンで開催された、シニアツアー「富士フイルムシニアチャンピオンシップ」。1打差の2位タイからスタートした室田淳が“65”で回り、トータル14アンダーで逆転優勝を飾った。今季初優勝の室田はこれにより賞金ランキング1位に浮上。2年連続シニア賞金王へ一歩抜け出した。

 トータル11アンダーの2位に入ったのはブーンチュ・ルアンキット(タイ)。トータル10アンダーにはルーキーのサラリーマン兼業プロ田村尚之が入っている。

【最終結果】
優勝:室田淳(-14)
2位:ブーンチュ・ルアンキット(-11)
3位:田村尚之(-10)
4位T:ポール・ウェセリン(-9)
4位T:高島康彰(-9)
4位T:友利勝良(-9)
7位:清水洋一(-8)

<ゴルフ情報ALBA.Net>