8月に開催されたキャタピラージャパン株式会社主催の国内女子ツアー「CAT Ladies」で優勝した上田桃子が、優勝副賞の『Cat 303E CR ミニ油圧ショベル』を広島県に寄贈したことが7日(金)、同社より発表された。

歴代覇者の上田桃子、無念の欠場…繰り上がりは比嘉真美子
 ミニショベルは広島県警・機動隊本部(広島県安芸郡坂町)に贈られ、今年の8月に発生した大規模土砂災害の復旧等に役立てられる予定。上田は今回の寄贈にあたり「副賞のミニ油圧ショベルを社会の役に立てたいと思い、キャタピラージャパン株式会社にも相談させていただいた結果、大会直前の8月20日に発生した広島県の土砂災害からの復旧に役立てていただこうと、この度、広島県警に寄贈させていただくことにしました。このミニ油圧ショベルが少しでも土砂撤去のお役に立ち、1日も早く復旧されますことをお祈りしております」とのコメントを発表した。

 また、同社の竹内紀行会長はこの件に関し、「上田桃子選手の温かい心遣いに賛辞を送りたいと思います。Caterpillarは、良き企業市民として、事業を通じて社会のお役にたつことを目指しています。私たちが主催するCAT Ladiesで優勝された上田桃子選手が、私たちと同じ思いを持ってくださっていることを非常に嬉しく思っています」とコメントを寄せた。

 上田は先週の「森永レディス」で今季2勝目を挙げ、歴代覇者として臨む今週の「ミズノクラシック」でも活躍が期待されていたが、急性腸炎のため欠場となった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>