<HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP in 霞ヶ浦 初日◇6日◇美浦ゴルフ倶楽部(6,968ヤード・パー71)>

 この日 国内男子ツアー「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP in 霞ヶ浦」が開幕。先週優勝争いを展開した谷原秀人のほか、薗田峻輔、ブラッド・ケネディ(オーストラリア)の3人が7アンダーで首位タイに並んだ。また、現在賞金ランク1位の小田孔明は5アンダーの5位タイにつけている。

谷原秀人の“いい加減さ”と“緻密さ
 一方、ホストプロの宮里優作は前半を2アンダーで折り返すも後半にスコアを3つ落とし、1オーバーの62位タイ。体の調子も良くティショットが安定していたというが、アイアンのコントロールが効かずスコアメイクに苦しんだ。予選突破に向けて厳しい位置から2日目を迎えることとなった。

 以下に主な選手のコメントを掲載する。

●谷原秀人(7アンダー1位タイ 賞金ランク7位)
「先週同様気持ちよく振れていますし、ショットは悪くないです。先週の2位は完敗ですから悔しさは残ってないけど疲れはある。優勝争いで集中した場面でやるのと、それ以外の場面では疲れ方が違いますから。」

●薗田峻輔(7アンダー1位タイ 賞金ランク39位)
「コースマネジメントがうまく出来て、フェアウェイから打つ回数が多かった分、チャンスにつく回数が多かった。今日はパットをうまくしっかり沈められたので、明日も焦ることなくできればと思います。」

●小田孔明(5アンダー5位タイ 賞金ランク1位)
「ショットは絶好調で、アイアンは切れてます。バーディを獲ったホールはベタピン。それでも1mくらいのパットは外していますけど。パターが入れば…。今日はパー3でも、2つのボギーが痛かったですね。3パットのボギーで。」

●宮里優作(1オーバー62位タイ 賞金ランク10位)
「前半と後半で別人。セカンドショットが飛びすぎてしまって、前半はうまくコントロールしていたんですが、後半に調整できなくなった瞬間にボギーで連発しました。ティショットは言うことないくらい安定したのに、そこからスコアを作れないのが残念です。とにかく予選突破に向けて頑張ります。」

<ゴルフ情報ALBA.Net>