<ミズノクラシック 事前情報◇6日◇近鉄賢島カンツリークラブ(6,506ヤード・パー72)>

 全米女子プロゴルフ協会公式戦「ミズノクラシック」が三重県にある近鉄賢島カンツリークラブにて7日(金)に開幕。現在ウェイティングで出場を待機している宮里藍はこの日も練習ラウンドを行い、出場に備えた。

ウェイティングながら会場入りの宮里藍「やるべきことをやるだけ」
 今日、上田桃子が急性腸炎により欠場となったが、宮里は米ツアーの枠でのウェイティングのため、昨日と状況は変わらず。そんな状況にも「自分としてはやるべきことをやるだけなので」と淡々と語る。

 “もしも”があった場合での出場に備えている宮里だが、今は出場できないという気持ちでいる。「人の不幸は願いたくないです。今は出場よりも試合会場で練習すると言う環境がベストだという思いで取り組んでいます」。先週の反省を次の試合会場で修正、アジャストすること、また取り組んでいる課題を試合会場という場所で行うことが今の自分に一番だと考えて臨んでいる。それは試合に出場に関係なく必要なことだと宮里は言う。

 それでも当然“もしも”の事態には備える。「明日も一番の組のティオフの前には準備しておきます」。練習ラウンドでは飛距離など4年前の自分よりも成長していることを実感した宮里、今できることにベストを尽くし、来るべき時に備える。

<ゴルフ情報ALBA.Net>