<WGC-HSBCチャンピオンズ 初日◇6日◇シャーシャン・インターナショナルGC>

 「WGC-HSBCチャンピオンズ」の初日。現在国内男子ツアー賞金ランキング6位につける竹谷佳孝は国内の高額賞金大会を欠場して日本ゴルフツアー選手権優勝者に与えられる特典で中国に戦いの場を求めた。しかし、この日は2バーディ・3ボギー・2ダブルボギーの“77”と5オーバーを叩き68位タイと大きく出遅れた。

HSBCチャンピオンズリアルタイム速報中!PGAリーダーボード
 1番でボギーが先行も4番でバーディ。ところが、7番をダブルボギーとすると、11番ボギー、15番でこの日2つ目のダブルボギーを叩いて中盤で一気にスコアを落とした。16番をバーディとしたものの最終18番もボギー。「グリーンはラインが読めずに難しい。ショットもダメ。ボクくらいの飛距離であれば、フェアウェイキープが絶対だというのを再確認した。フェアウェイキープしないと話にならない」と肩を落とした。

 国内メジャー優勝によるWGC出場はブリヂストン招待以来2戦目。苦しい戦いが続いているが、手ぶらで中国から帰るつもりはない。「何かを得て帰りたいので、根性でフェアウェイキープして、根性で乗せて…」。予選落ちはないだけにまだ上を目指す時間は残されている。「ゴメンナサイね、こんなスコアで回っているのに取材なんて…。自分で(原稿)書けよって感じでしょ(笑)」。言葉は自虐的でも闘志は失っていない。

【初日の順位】
1位:グレアム・マクドウェル(-5)
2位T:リッキー・ファウラー(-3)
2位T:ブラント・スネデカー(-3)
2位T:クリス・カーク(-3)
2位T:トミー・フリートウッド(-3)
2位T:ティム・クラーク(-3)
2位T:マーティン・カイマー(-3)
8位T:アダム・スコット(-2)他

37位T:岩田寛(+1)他
42位T:松山英樹(+2)他
68位T:竹谷佳孝(+5)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>