<WGC-HSBCチャンピオンズ 事前情報◇5日◇シャーシャン・インターナショナルGC>

 米国男子ツアー、アジアンツアー共催の「WGC-HSBCチャンピオンズ」が中国にあるシャーシャン・インターナショナルGCを舞台に明日開催。松山英樹がこの日プロアマ戦に出場、最終調整を行った。

【関連ニュース】松山英樹、無念の棄権「非常に悔しい」
 昨年は背中痛により2日目の開始前に無念の途中棄権。テーピングを施して何とかティオフしたものの、半分も力を入れていないような脱力スイングで回るのがやっとだった。しかし「今年は元気にやれる。4日間できそう」と身体に問題はない。

 今季はここまで3戦して予選落ちはなく、ベスト5フィニッシュが1回。調子については「パターもショットも良くはない」という状態だが、「その中でどこまでできるか」と気持ちに陰りはない。

 昨年1ラウンドしかできなかったコースは「距離は長いけど、ティショットとグリーン周りが勝負」。昨年はフィニッシュがとれないティショットをショートゲームでしのいだだけに、万全の状態で臨む今年はティショットが冴えれば上位を狙える。今年の米国ツアー最終戦となる今大会「いい形で終われたらいいな」と松山、昨年フルショットできなかった舞台でリベンジを果たしたいところだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>