<マイナビABCチャンピオンシップ 3日目◇2日◇ABCカントリー倶楽部(7,130ヤード・パー71)>

 国内男子ツアー「マイナビABCチャンピオンシップ」が閉幕。トータル12アンダー首位タイで最終日を迎えた小田龍一がトータル21アンダーまで伸ばし2位以下に5打差をつけ、2009年の「日本オープン」以来のツアー2勝目を飾った。日本オープン優勝による5年シードは今年まで。今大会前まで賞金ランキング67位だったが、この優勝により17位まで順位を上げた。

小田龍 5年ぶりの優勝で “師”勇太と抱擁
 2位につけたのは谷原秀人、小田孔明。谷原は小田龍一とともに最終組で回り喰らいついた。15番で小田がイーグルを奪った直後に、イーグル返しで首位に常にプレッシャーをかけ続けた。しかし、小田が上がり3ホールで2つ伸ばしたのに対し、16番パー、17番ボギー、18番パーとスコアを伸ばせず終戦。だが、最終18番パー5はセカンドショットが木にあたり、池ポチャするピンチ。しかし何とか4オンさせ、得意のパッティングでパーをセーブ、ギャラリーを魅了した。

 またトータル7アンダー8位タイでスタートした池田勇太が最終日に巻き返しを図り、近藤共弘とともにトータル13アンダーの4位タイでフィニッシュした。

 以下に主な選手のコメントを掲載する。(※賞金ランクは今大会終了時点)

●谷原秀人(トータル16アンダー2位タイ 賞金ランク7位)
「完敗ですね。2位も3位も一緒です。今日の小田(龍一)さんは本当によく入れますね。全部外さないんだから。でも試合展開的には面白かったでしょ。勝負の分かれ目は11番。僕がボギーで小田さんのバーディの場面ですかね。(小田さんは)今日9アンダーでしょ。そりゃ優勝しますよ。」

●小田孔明(トータル16アンダー2位タイ 賞金ランク1位)
「最後はイーグルパットを入れて単独2位にしたかったけど仕方ない。今日はよく頑張った。でもこれだけスコアを伸ばしてもダメならね。(小田)龍一、谷原はすごいよね。賞金王に向けてこれからも頑張ります。」

●池田勇太(トータル13アンダー4位タイ 賞金ランク4位)
「7つのバーディだけど、欲をいえばもう少し行けたかなって思った。残り試合が少なくなってきたけどここらへんの時期が大事。そのなかで自分のゴルフの内容が濃くなってきたことは収穫。今大会は前年度王者として、このポジションで終われて、自分として恥ずかしくないゴルフを魅せられたと思います。」

●藤田寛之(トータル8アンダー18位タイ 賞金ランク2位)
「今のショット、パットの状態ならこんな感じ。4つ止まりでしたが、もう少し伸ばしたかった。あと5試合あるので(賞金レースは)どうなるかわからないし、(孔明、藤田以外に)新しいメンバーが来るかもしれないし。トップ5、トップ10に残って悪いなりに賞金を加算していきたい。」

<ゴルフ情報ALBA.Net>